中華製モジュールを買う際に知っておいてほしい4つのこと

モジュール紹介

私なりの中華製品を買う際の心得を語ります。

秋月などでもモジュールは販売されていますが、やっぱり正規品ぽい枠なだけあって値段が高いです。

その点、互換品のような感じで激安で販売されるAmazonの中華製モジュールは、
かなりお財布にうれしいと思います。

ただそれ故に2つの疑問が生じます。それは、

①安すぎて怪しい。

②ただあまりに類似品が多すぎて、「結局どれを買えばよいのかわからない」

最初のころは私自身も迷っていましたが、複数メーカーなどで購入したら回を重ねるごとに分かったこともあります。

答え、にはならないかもしれませんが、大量に中華製品を買ってきた身として、いくつか伝えたいことも含め記事にしてみました。

星3以上程度の評価があればどれも品質は変わらなかった

中華モジュールって結局どれがいいのっていうことをたまに聞かれるので
私の、主観、というか、今までの経験則を書いておきます。

はっきり言ってどれ買ってもあまり変わりませんでした。

せいぜい2,3千円程度のものの話ですが。

5,6千円のモジュールはある程度レビュー等の確認はした方がいいと思います。

メーカーによって差異があるとか、レビューの評価が、、とかいろいろ指標はあるかと思いますが、

私の経験上ではメーカーによる差異は分かりませんでした。

そもそも見てきた限りでは中華モジュールのメーカーの入れ替わり自体がかなり激しいですし、

長期間商品を入れっぱなしにすると分かるんですが、メーカー名が結構頻繁に蒸発します。

一応主流メーカーは存在する

なんだか全部怪しく見えたりもしますが、一応主流となっているメーカーも存在しています。

見てきた限りでは、

「uxcell」「HiLetgo」「KKHMF」「ELEGOO」「Rasbee」あたりは根強く残っているのである程度信頼性があるメーカーといってもいいかもしれません。

ただこの辺のメーカーから出ている商品は結局最廉価に並ぶことが多いので、よさげなメーカーだから値段が高くなる、といったことはあまりないです。

不良品がなさそうな商品を探さない

これも個人的に肝に銘じて買い物をしています。

基本的にAmazonで出品されている廉価モジュールは秋月等の有名な電子部品業者からも出品されていることが多いのですが、

値段が誇張表現抜きで10倍程異なるものが普通にあります。

なので、10分の1以下の値段で買えるものもある中華製モジュールを選ぶ際や使う際に、そもそも絶対の信頼を置くのはやめた方が良いかもしれない、ということです。

そもそもどんなビジネスモデルならこの価格が実現できるの?という謎の商品ばかりなのが実態なので、私の場合は気に入ったものを星3程度の評価があるかを見て判断して購入しています。

私自身、「ICモジュールを購入したのに肝心のICが全部実装されていなかった、、、」

という驚愕の事態に遭遇したこともありますが、

不良品を引いてしまったら「運」と考えましょう。。

(5個くらい購入して全部こわれていたこともありましたw)

サポートはしっかりしている

品質には問題がある商品が中にはあります。

先ほど言ったような驚きの事態に遭遇することも、実際あるにはあるわけです。

ですが勘違いしないでほしいのは、意外にサポートがしっかりしている、ということです。

中華モジュールは海外から届くものもが多いので、なんだかちゃんと返品対応してくれるのかなぁ~

と心配になるのですが、

基本的に不良品を引いたときの返品作業はなく、返金対応されることがほとんどでした。

不良品があった旨をAmazonにメールした場合、

「返金いたしました。商品の返送の必要はありません。」

といった対応を発送メーカーの方からしていただけました。

私は遭遇したことはありませんが、まれにメーカーから対応を拒否された場合、不良品であるなどのしっかりした理由があれば、Amazon側からしっかりと返金対応してもらえることもあるようです。

おそらくですが、返送費用を考えると元がとれないのだろうと推測してます。

わたしは他の商品で海外発送の注文をした際、表記と異なる点があったので問い合わせをしたところ、

商品画像を送ったら納得していただけた、という経験があります。

いろいろつらつらと語ってしまいましたが、つまるところ、

「安物買い」ではありますが、「銭失い」になるリスクは低いと言えるということです。

安いが動かない商品だったら困る、お金を無駄使いしたくない、

という心配はあまり必要ないと思っています。

私個人の最終的な購入の指標

上記でいろいろと述べてきましたが、結構悩んでしまう要素が多いですよね~。。

いろいろ観点はありますが、私個人の指標としては、

「その商品は最安か?」

で判断しています。

廉価モジュールといっても、メーカーによっては数百円~数千円の価格差があります。

そのため最終的には最安で購入するのが一番利口なのかなと思っています。

見掛けと説明がほとんど変わらない商品でも、以下の2つの商品のように値段が結構違うものもあります。

時期にもよりますが値段が2倍程異なるものもあるので、結構探してから購入してます。

一般的な商品の場合は安さが正義とは言えないのですが、中華モジュールは複数メーカーから買った際、品質が変わらなかったので、「中華製モジュールにおいては」正義かもしれませんね。

なるべくお財布に優しい生活をしたいな~と思ってやってます。

以上気を付けてほしいこと、というか私が購入の際に気を付けていること4点でした。

多少参考になれればうれしいです。読んでいただきありがとうございました。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました