3Dプリンタで複数のモデルを同時に印刷する方法を解説してみる

3D関係

この記事では3Dプリンタで複数のパーツを同時に印刷する方法について解説しています。

どうもはじめまして。アイスメガネと申します。

私も3Dプリンタを購入してからはや1年ちょっと経ちますが、まだまだ勉強することばかりです。

今回はその中でも以外に役に立っている、

「複数の別々の3Dモデルを一度に印刷する方法」

について簡単に解説したいと思います。

一度に複数の3Dモデルを印刷したい!

そこそこ大きなサイズの3Dデータを印刷する場合などは基本的に一つづつしか印刷できないので問題はないと思います。

ですが、指先程の小さな部品を印刷する場合は話が変わってきます。

積層タイプの3Dプリンタはお世辞にも印刷速度が速いは言えないのですが、2~3cmほどの造形物なら1~2時間ほどで終わってしまいます。

加えて少量ではありますが、印刷のたびに毎回の基本動作でビルドシートに材料をプリントするため、造形材料がだいぶ無駄になります。

(造形したもの2m、基本動作で、30cmとかだと4分の1近く無駄ですよね。)

このような時間の無駄、材料の無駄は省けるのなら省いたほうがいいです。

方法について

ソフトや設定を掘り下げるとできないこともないようですが、

個人的にやってみた感じで一番簡単だった方法を紹介します。

以前作成した以下の3Dモデルを例に解説していきたいと思います。

ソフトは「Fusion360」です。

こちらのモデルはメガネがずり落ちないよにするための固定具なのですが、

サイズは厚さが4mm、長さが30mm、幅が6mmほどと、とても小さい部品です。

メガネを固定する部品なので、10個ほどストックしておきたいのですが、

こんなサイズのものをいちいち印刷していたら面倒で仕方ないです。

なので、こうします。

説明するまでもなくわかるかと思いますが、

①同じオブジェクトをコピーして平行移動し、

②それらのどこか一点を細い直方体などでつなぐ

だけです。

これでちょっと力技ですが一つのオブジェクトとして認識させているわけですね。

いやぁ~、単純。

印刷したいモデルをコピーして細いオブジェクトでつないでやる。

印刷品質

印刷品質について少し評価しておこうと思います。

複数印刷した場合は以下の画像のようになります。

問題なく複数同時に印刷されているのがお分かりかと思います。

糸引きが多いですが、この材料はTPUという軟性の素材そのものの特徴なので大丈夫です。

一つ一つのモデルの造形精度について

一個一個ばらして確認しましたが、

一つのモデルだけで印刷した場合の品質とほとんど変わりません。

参考までに設定をいくつか書いておきます。

  • 3Dプリンタ:QIDI TECH X-MAKER
  • レイヤー高さ:0.1mm
  • ライン幅:0.4mm

私の使っている3Dプリンタは4万円程の廉価帯の製品ですが、問題なく印刷できました。

ちょっと宣伝になりますが、QIDI TECH製品は品質や性能、サポートの面でコスパが神なのでお勧めですよ。

あとあと記事にしようと思いますが、中華製で悩んでいるのならこのメーカーの他にないと思います。

保証期間限度まで後3日くらいだったのにメールしたら4時間ほどで返信が来て無料でユニットを送付してくれたのは衝撃でした。

モデルをつなげるための直方体・メッシュの設定について

印刷物を見ると、気になる点があります。

それは、

複数の部品を一つの部品として認識させるために使用した細長い直方体が見当たらない

ということです。

何度かやりましたが同じ結果だったので、

印刷サイズ的に無理だったのもありますが、

3Dプリンタで造形できないサイズのものは無視されている、ということだと思います。

言い換えれば、

印刷されていなくてもデータとして一つのものになっているならば印刷はできる

ということですね。

なので設定としては、

「つなぐためのパーツはできるだけ細く小さくする。」

という風にした方がいいと思います。

ノズルがいったん離れるとモデルにバリみたいなのが付いてしまうかと思ったんですが、そういったことはほとんどありませんでした。

3Dプリンタはインフィル(素材をどれだけ使うか)を100%にしなければ基本的に中空になるので、

あんまり接続用のオブジェクトが太すぎるとあとでカッター等でカットした際にオブジェクトに穴が開いてしまいます。

接続用パーツはなるべく細くするのが無難です。

まとめ

今回は5個だけですが、手持ちの3Dプリンタの最大造形サイズを考えて上限ぎりぎりまで増やすこともできるので、いろいろ試しながらやってみてください。

印刷材料はTPUだと上記画像のようにノズルが他のモデルに移動する際に大量に糸引きしてしまいますので、PLA、PLA+、ABS、あたりの硬質材料の方がつかいやすいかと思います。

今回の記事のまとめです。

・複数のオブジェクトを同時に印刷したいなら、とても細い直方体オブジェクトで接続する。
 (網みたいなデータでもたぶんOK)

・接続用のオブジェクトは3Dプリンタで印刷できないような、なるべく細いサイズにする。

少々力技ではありますが、これが最も簡単で手軽に行える方法だと思います。

細かいものをたくさん印刷したい人はぜひ試してみてください。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました