【イラスト練習中】4か月間の成長を振り返ってみる

イラスト

いやぁ~、4か月たった。

最近は引っ越し云々とかもあってちょっと描く頻度減っちゃったけど、それでもなんとか続けてる。

やっぱ楽しいもんは続くね。

そんなわけで、今年の1月中旬頃から絵を描き始めたので、その練習の成果が出たか確認、というわけでもないけど記録、として残しておく。

この期間中に意識したことなどもまとめておく。
素人ながら参考になれればいいですね。

新旧比較

新旧比較をしてみることにする。

最初になんとか描いたのははこれですねぇ。なんか懐かし。
表情に性格が出るね。

ノートに書いたやつですけどこんなでも6時間くらいかかってましたね。

目の立体感はないしなんか全体的にバランスがいまいち君。

これは違う、これも違うと何度も描きなおしてました。

ただまぁ、いくら描きなおしてもこの時点ではできようがなかったんですよね。
なんたって人の顔のバランスとかなんとか、そもそもなんも知識がなかったので。

ひとなんて普通に生活していればいくらでも見てるのにと、自分がいかに何も見ずに生きているかを感じた瞬間でもありました。

一枚の絵を完成させるのに全力を注ぐのも重要だとはおもいますが、
その時点での技術レベルで到達可能な絵の完成度、というものを理解するということも大事だな、と学んだ一枚でした。

つまり「なんか何回も描きなおしてるのにうまくかけねぇ」と思ったのなら、
ある程度満足の行くところで切ってどんどん枚数を描いていく
、というのが重要だということですね。

万人に当てはまるやり方じゃないかもしれませんが、少なくとも自分はこうしてやってました。

まぁ、とにかく知識量が足りなすぎる状態で描いた絵でしたね。

まぁ、まぁそんなことを繰り返し繰り返し、それでも何とか描き続けてきたわけですよ。

そしてこの前昨日完成させた絵を見てみます。
アイコンにも使ってますが、、、、

う~ん。個人的にはか~な~り、成長したなと思います。(自己自賛乙!)

二次創作とは言え、現時点の技術レベルでは満足のいく絵になりました。

うん、まぁこれは誰が見ても成長したといっていいでしょう。

色塗りをしているとかしていないとかそういう話ではなく、
バランスのとり方だったり物体を斜めから見たときの描き方だったりと、よく考えて描くことができたと思います。

上瞼の形の違いによる目の立体感の違いだったり、まつげの描き方だったり、いろいろこの期間中に勉強できました。

いろいろ勉強したというのもありますが、
pixiv等に定期的にアップしていたのもよかったかなと思います。
多分アップしている人としていない人では成長スピード2倍くらい違うんじゃないかと思います。

それくらい「人に見せる」を意識して描くって大事だなって思います。

まだまだ描きこむために必要な知識が乏しいのでかけ~ん!と苦しい時はありますが、これからも勉強を続けます。

意識したこと

私自身趣味で絵を描いているだけです。

レポート等もたくさんあるので朝学校へ行く前や帰ってきて数十分描くのを積み重ねる、といった時間の確保しかできません。

なので以下の二つのことだけ、最低限の事項としてやってました。
多分これだけでもかなり効率的にうまくなれるかもしれません。
(効率がいいのかは捉え方次第ですが。。。。)

その日にやる内容を明確にする

絵を描くのが好きなので、案外ボさ~っと描いていても時間だけが過ぎて行ってしまうんですよね。

最初の頃はこればっかりで全然進まず、あまり成長を実感できませんでした。

ですがレイヤーなどをわけて「今日はこのレイヤーを描く!」みたいに短いゴールを明確にしているとかなりの速度で作業が進みました。

多分少ない時間でも成長できたのはこれが大きいと思います。

一日取れても1時間程度ですが、これが逆に「あと一時間しかない!」みたいになって作業効率を高めていた、なんてこともあったかもしれません。

まぁごちゃごちゃとのべましたが、
絵を完成させる以外のゴールを決める
ということが大事なことなのではないかと思いました。

とにかく観察!とにかく観察!

これもかなり効果がありました。

一日のなかで液タブの前に座っていられる時間なんて僅かですが、人を観察する時間はいっぱいあります。

移動中に見るすれ違う人の顔や、昼休みなどに見かける人の服や影のでき方、アニメなどに出てくるキャラのデフォルメの利かせ方。

あげただけでもいくらでも出てきてしまいますねw。

こんな感じでとにかく観察してました。(変人だと思われないように注意しましょう。。。)

描きながら目を肥やせ!とは言いますが、描かなくても頭に見たものを脳に投影するイメージでものを見ていれば、ある程度情報として蓄積される気がします。

時間がない方には有効な手段かもしれません。

OUTPUTする力も重要なのは重々承知ですが、予備知識として持っておかなければならない情報の量もかなり多いような気がします。

日々勉強、ですね。

絵を本気で勉強しようという意識は持たないようにした

まぁ私レベルの素人がどうこう言える立場でもないんですが、絵をガチで勉強しようとかは思わないようにしました。

最初は「成長がはやくなる!」なんてうたい文句を上げる動画をみて、苦しみ半分にやってみたこともありましたが、単に絵が嫌になるだけで却って逆効果でした。

レイヤーの使い方とかを学ぶのは効率を上げる上でありかなとは思って少しやってましたが、

絵の描き方を学びたいんじゃなくて単に絵が描きたいだけなので

「こういう風に仕上げたい」と思ったときだけ検索して勉強してました。

あとはうまい人の絵を観察してどんな塗られ方をしてるかを見てました。

やっぱ見て試行錯誤するのって大事なんだなと思います。

まとめ

どうだったでしょうか。

当方まだ絵を練習し始めたばかりのものですが、以前に比べて結構成長したなぁ~と感じたので記事にしてみました。

主に気を付けたことは「完成以外のゴールを設ける」「とにかく観察する」の二つです。

まだまだ学ぶべきことだらけというのは伸びしろがあっていいですね。

もっともっと書いていこうと思います。

イラスト練習中の同士よ。

一緒に楽しもうぜ。

それでは。

¥番外編¥

これは絵の上達とかとは関係ないんだけど、イラスト編集中って色々遊べるなぁと思います。

ハイライト消したり半裸にしたり、、ってなにやってんだかw

この辺も気分転換にしてみると面白いかもしれないですね。

こんな風にハイライト消したりね↓。


あぁあああ、ヤンデレもいい!
新たな趣向が開花してしまいまみた。

タイトルとURLをコピーしました